性感染症(性病感染)

カントン包茎に限った話では無く包茎全般に言える話ですが、包茎の患者は本来であれば露出しているはずの亀頭が埋もれている為にその部分が乾かずに菌がつきやすく不衛生となり性感染症に感染(性病感染)しやすくなります。この事が原因となり、病院で診断を受け手術をしたという方もいます。

そしてもうひとつの手術をした理由としてはやはりパートナーからの指摘という事も多いです。いざ性交渉という時に「臭いがキツいから嫌」、さらには「変な形」などと言われてしまったという事もあるといいます。これらの場合であればそういう言い方をしてしまう女性も問題ですが、男性が情けない気持ちになったという体験としては、ずっと「自分は気のせいだろう」と思っていて、パートナーと泊まりに行った時に挿入しようとしたら途中まで挿入した所で痛くてダメだったという時に「待ってるから大丈夫だよ」と声をかけてもらったのだとか・・・。

そういった性交渉の際の不便という問題もありますが、もし気になる方は性感染症や排尿など日常生活への支障という事もありますので専門医の治療を受ける方が良いです。それでもし正常であれば安心ですし、治療が必要と分かれば治療をしっかりすれば包茎に悩む事もなくなります。