カントン包茎とは?

包茎には3種類あり、重症度の低い順番にご紹介すると普段は亀頭が包皮に覆われているものの亀頭を露出する事は出来るという「仮性包茎」、手で包皮をむく事は出来るものの締め付けで痛みを伴う「カントン包茎」、亀頭の先端部分の包皮が極度に狭い事から亀頭の露出が不可能となり、時として包皮炎症を起こし亀頭と包皮が癒着してしまう事もあるという「真性包茎」です。このうちカントン包茎をご紹介します。

カントン包茎の多くの場合は自分の手で包皮をむく事はかろうじて出来るものの(無理矢理皮をむいた事で炎症などを起こし病院に行ったという話もあるので無理はせずに病院にかかる事をお勧めします)、亀頭の先端部分にあたる部分の包皮の狭窄状態(狭窄:通常よりもある部位が狭くなっている状態)にあり皮をむきづらかったり、途中まではむけるものの、狭くなった事による締め付けにより輪ゴムなどで留めて締め付けられたような痛みを伴います。

その結果、勃起した時にはその痛みが増し、性交渉の際には痛みで挿入出来ないなどの大きな問題が生じます。最悪の場合はむいたままに放置した亀頭を包皮が締め付けてしまい円周状に包皮の跡が腫れ狭窄状態が青くなり、次第に壊死してしまうという事になります。